2moa Project   メートル原器(元気)  人と人とをつないでいくジュエリー

  

制作過程で出てくる銀の端材を ひとつの線(LINE)にして、その線から

指輪やブレスレット、ピンブローチを新しく生み出していくジュエリー。

  

1個ずつのジュエリーに加算した長さ(センチメートル)を刻印しています。

   現在48個 433.5cm

※売上の一部を東北地方太平洋沖地震の被災地の支援として、寄付させていただきます。

 

 

  <メートル原器とは> wikipediaより抜粋

 

メートル原器とは1mの基準として用いられた原器。

 

1879年、フランスで白金90%、イリジウム10%の合金で作られた。

メートル原器は、それ自体の長さではなく原器の両端付近に記されたそれぞれの

目盛の距離が摂氏零度の時に1メートルとなるよう設定されている。

パリの国際度量衡局(現在はセーヴルに移転)に保存されている。

1885年日本がメートル条約に加入すると、1890年にフランスから「日本国メートル原器」、

「日本国キログラム原器」が到着した。中央度量衡器検定所(現・産業技術総合研究所)で

保管され、これを日本の長さの基準にした。

日本のメートル原器は、1960年以降目盛の引きなおしがされ、現在は標準尺となっている。